賃貸物件

増えているペットと一緒の暮らし

画像を回り込ませたい時には、近年動物愛護への理解が深まり、動物の持ち込みが可能な物件が増えてきました。
しかしながら多くの場合インコや小鳥などの小動物にとどまっており、犬や猫といったペットと一緒に暮らせる物件はまだまだ豊富とは言えません。

関西や関東などの人口が多い地域では、動物たちと暮らせる物件が増えてきましたが、十分とは言えず、地方へ行くとペットと過ごせる物件は数えるほどしかないのが実情です。
また、動物たちと過ごせる物件を見つけたとしても、輸送に問題が生じる場合もあります。

特に単身引っ越しのばあい、引越し業者にペットの輸送を断られることも少なくありません。 理由としては、輸送の途中で動物に万が一のことがあった場合責任を取ることができないからです。
しかしながら、単身引っ越しで自分で輸送するためには大きな自動車が必要になったりして、問題が生じる場合もあります。

転居には専門業者を利用

近年、このような事情を踏まえて、動物の輸送を行う業者が現れ始めました。 単身引っ越しのさいには、そのような業者を利用するほうが安心で安く輸送できる可能性があります。

もちろん近距離の場合はその日のうちに輸送してもらうことができますし、遠距離の場合でもペットのケアをしながら輸送してもらうことができるので、とても安心です。
このように、単身引っ越しの場合、動物の輸送が心配ではありますが、専門の業者を利用することで、安くそして安全に引越し先まで輸送してもらうことが可能になります。

単身で部屋を借りる場合の保証人について

身元や収入の証明は賃貸住宅の契約には必要不可欠ですが、きちんと身元や収入が証明できない単身者の場合、保証人の存在が部屋を借りられるかどうかの重要なポイントになります。 しかし入居者の身元を保証できる人間であれば誰でもいいというわけではなく、万が一入居者が家賃を払えない場合、代わりに不払いの家賃を請求できるだけの収入があることが前提になります。

独身の一人暮らしを始める時には、親族に依頼するというのが一般的ですが、親が定年退職し年金で生活している場合などは適性に欠けると判断されるケースもあります。また、身近に頼める相手がいないといったケースも少なくなく、このような場合には主に保証人不要のシステムを利用して契約を結ぶことになります。

そして、お部屋を借りている中で何か問題が起こった場合には、早めに不動産会社などに連絡を入れることも重要です。近隣住人とのトラブルはもちろんですが、部屋に備え付けの設備にトラブルがあったりや壁などに大きな傷をつけた場合など、退去時に問題になってしまいます。 引越でエアコンの取り付けや取り外しが必要な場合も、自分で勝ってにやらずに、専門の業者にきちんと依頼しましょう。
学生の引っ越し費用が割安な業者は?

最近は単身引っ越しする人向けに保証人不要の物件を提供する不動産会社もめずらしくなくなりましたが、本来必要なはずの条件を満たさずに部屋を借りられる理由は、不動産会社と入居者の間に保証会社を入れて契約を行うシステムにあります。

入居者は保証会社に月々決まった金額を支払うことで賃貸契約が可能となるため、身元の証明が難しいケースの独り身でも保証人を立てる必要がありません。

保証会社の利用は入居者自らが加入するケースのほか、大家側が加入を義務づけている物件などもあります。ただし保証会社を利用するためには各会社ごとに定められた審査基準を満たす必要があり、基本的には定職に就き安定した収入があるといった条件が前提になります。
日本賃貸保証株式会社のサイトでも、システムについて色々と詳しく書かれています。